ALK陽性非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)の1次治療として、アジア人患者においてもクリゾチニブは白金系抗癌剤ベースの化学療法よりも無増悪生存期間(PFS)を有意に延長し、奏効率も高いことが明らかとなった。1次治療としての効果を評価したフェーズ3試験PROFILE 1014のサブグループ解析の結果、示されたもの。成果は7月17日から19日に福岡市で開催された日本臨床腫瘍学会で近畿大学の中川和彦氏によって発表された。

ログインして全文を読む