非浸潤性乳管癌(DCIS)に対し、タモキシフェンをゲル化した4-ヒドロキシタモキシフェン(4-OHT)系ゲル製剤を乳房の皮膚に投与すると、経口剤のタモキシフェンと同程度に細胞増殖が抑制され、副作用はより少ないことが、フェーズ2試験から示された。この結果は、2014年3月に米国ロックビルで開催されたInvestigators’- Site Coordinators’ Opportunity for Research Excellence(I-SCORE)Workshopにおいて、米国Northwestern University Feinberg School of MedicineのSeema A. Khan氏らが発表したもので、近くClinical Cancer Research誌に掲載される。

ログインして全文を読む