新しいアプローチを用いた遺伝子シグネチャーによって、ホルモン受容体陽性乳癌患者のうち、術後のタモキシフェン治療から利益を得られる患者を予測できる可能性が見えてきた。オランダNetherlands Cancer InstituteのRen'e Bernards氏らがCancer Research誌に発表した。

ログインして全文を読む