米Bristol-Myers Squibb社は、2014年6月24日、nivolumabをメラノーマに対する第1選択薬として用いた二重盲検の無作為化フェーズ3試験CheckMate-066において、ダカルバジンと比較した全生存期間の延長が示されたと発表した。

ログインして全文を読む