米Eli Lilly社は2014年6月11日、肝細胞癌に対する第2選択薬としてramucirumabを単剤で用いたフェーズ3 REACH試験で、全生存期間に設定されていた主要エンドポイントを達成できなかったと発表した。

ログインして全文を読む