スイスRoche社は、2014年5月23日、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)が、治療歴の無い成人の慢性リンパ性白血病患者で、併存疾患があるためにフルドーズのフルダラビンの適応外と見なされる人々を対象に、同社のobinutuzumabの承認を推薦したと発表した。クロラムブシルと併用される。

ログインして全文を読む