米臨床腫瘍学会(ASCO)は、2014年5月27日、乳癌の診療ガイドラインのうち、ステージI-IIIでホルモン受容体陽性の患者に対する術後ホルモン療法の項目を更新したと発表した。

ログインして全文を読む