米Eli Lilly社は5月14日、4期の転移を有する扁平非小細胞肺癌(NSCLC)を対象に行われたフェーズ3試験、SQUIREの結果の概要を発表した。SQUIRE試験では、1次治療としてゲムシタビンとシスプラチンにnecitumumab(IMC-11F)を併用した場合の全生存期間(OS)が、化学療法だけの場合に比べて延長でき、試験の主要評価項目を達成したことが昨年発表されている。

ログインして全文を読む