米OPKO Health社によると、同社のライセンシー(商標権受諾者)である米TESARO社は、5月12日、化学療法誘発性悪心・嘔吐(CINV)の予防薬として開発中のNK-1受容体拮抗薬rolapitantの3件目で最後のフェーズ3試験において、シスプラチンベースの高度催吐性化学療法(HEC)に対し、主要評価項目とすべての副次的評価項目が達成されたと発表した。

ログインして全文を読む