メディネットは、5月12日、ディナベックと樹状細胞を増幅する特許技術の実施許諾契約を締結したと発表した。契約に基づいてメディネットは、第1段階として、ディナベックの技術と同社の樹状細胞ワクチン治療技術を組み合わせて、臨床応用に向けた評価を実施するという。そして、樹状細胞ワクチン治療技術あるいは樹状細胞を用いた細胞医療製品としての事業可能性が見込まれた場合は、さらなる実用化に向けて研究開発を加速する予定だ。

ログインして全文を読む