欧州の包括的な研究から、癌による死亡率は2014年以降低下するが、膵癌による死亡率は男女ともに上昇し、肺癌による死亡率は女性で上昇すると予測された。イタリアUniversita Degli Studi di MilanoのCarlo La Vecchia氏らが、4月24日付けのAnnals of Oncology誌電子版に発表した。

ログインして全文を読む