大鵬薬品工業は4月22日、抗癌剤ET-743(一般名:トラベクテジン)が、染色体転座が報告されている組織型の悪性軟部腫瘍患者を対象としたフェーズ2臨床試験で、無増悪生存期間を延長したことを発表した。

ログインして全文を読む