患者の前立腺癌の遺伝子シグネチャーと腫瘍の酸素濃度を組み合わせて、手術または放射線治療を受けた患者の中から、再発リスクが高い患者を高い精度で選出できる検査が開発された。バリデーションはこれからだが、検査開発までの詳細は、オーストリアで開催された第33回欧州放射線腫瘍学会(ESTRO)で2014年4月5日に報告された。

ログインして全文を読む