中リスクもしくは高リスクの限局性前立腺癌を有する男性において、放射線療法とホルモン療法(アンドロゲン除去療法)の併用により、予後が改善することが明らかになった。この成果は、第33回欧州放射線腫瘍学会(ESTRO)で発表された。

ログインして全文を読む