協和発酵キリンは、2014年3月31日、ダルべポエチンアルファの骨髄異形成症候群に伴う貧血への適応拡大申請を厚生労働省に行ったと発表した。日本において、骨髄異形成症候群に伴う貧血に、赤血球造血刺激因子製剤の申請が行われたのは初めてになる。

ログインして全文を読む