進行胃癌に対するファーストライン治療として、S-1+オキサリプラチン(SOX療法)はS-1+シスプラチン(SP療法)に対して、全生存期間(OS)に関する非劣性が示された。G-SOXフェーズ3試験の結果から明らかになったもので、3月20日から22日まで横浜市で開催された第86回日本胃癌学会総会で、大阪医科大学化学療法センターセンター長の後藤昌弘氏が発表した。

ログインして全文を読む