上限を75歳まで引き上げた乳癌スクリーニングは進行乳癌を減らすことには貢献せず、早期乳癌の発見を多くする可能性がオランダの研究によって明らかとなった。3月19日から21日まで英国グラスゴーで開催された第9回European Breast Cancer Conference(EBCC2014)で、オランダLeiden University Medical CenterのG.J.Liefers氏によって発表された。

ログインして全文を読む