リンパ節転移数が1個から3個の乳癌患者は、手術後に放射線治療を受けることによって、無病生存(DFS)が改善され、乳癌死のリスクが低減することが明らかとなった。また改善効果は化学療法の有無、ホルモン療法の有無に関わらず認められた。14試験のメタアナリシスの結果示されたもの。3月19日から21日まで英国グラスゴーで開催されている第9回European Breast Cancer Conference(EBCC2014)で、Early Breast Cancer TrialistsのP.McGale氏によって発表された。

ログインして全文を読む