アナストロゾールとフルベストラントは、どちらも乳癌術前内分泌療法として有効で忍容性がある可能性が明らかとなった。大きいが手術可能または局所進行ホルモン受容体陽性乳癌を対象にそれぞれの薬剤を投与したフェーズ2試験、Horgenの結果明らかとなったもの。当初乳房温存術の適応ではないとされた患者のうち、55%で乳房温存術を行うことができた。3月19日から21日まで英国グラスゴーで開催されている第9回European Breast Cancer Conference(EBCC2013)で、フランスInstitut BergonieのN.Quennel Tueux氏によって発表された。

ログインして全文を読む