タカラバイオは、3月13日、自治医科大学附属病院が実施することを予定している、非ホジキンリンパ腫に対するCD19抗原特異的キメラ抗原受容体遺伝子治療の臨床研究実施計画が了承されたと発表した。この厚生労働省からの通知を受け、倫理審査などを経て研究が開始される予定だ。

ログインして全文を読む