米Bayer HealthCare社と米Onyx Pharmaceuticals社は、3月11日、根治的治療を受けた肝細胞癌患者に対するソラフェニブを用いた術後補助療法の有効性を評価するフェーズ3試験であるSTORM(Sorafenib as Adjuvant Treatment in the Prevention of Recurrence of Hepatocellular Carcinoma)試験で、主要評価項目に設定された無再発生存における利益を示せなかったと発表した。

ログインして全文を読む