欧州の病院を対象として行われた大規模な後ろ向き観察研究(Registered Nurses Forecasting:RN4CAST)から、看護師が看護する患者の数が少なく、かつ学士号を取得した正看護師の割合が高い病院では、一般的な外科手術を受けた患者の術後の在院死が有意に減少することが示された。この成果はLancet誌の電子版2月26日号に掲載された。

ログインして全文を読む