大規模な国際的前向き研究で、予防的な卵巣摘出術により、BRCA1またはBRCA2遺伝子変異を持つ女性が70歳までに死亡するリスクは有意に低下することが明らかになった。またBRCA1遺伝子変異を有する女性は、卵巣癌の予防のため、卵巣摘出術を35歳までに受けることで大きな利益が得られることが示唆された。この成果はJournal of Clinical Oncology誌の電子版2月24日号に掲載される。

ログインして全文を読む