外来化学療法を受ける患者や家族に対する、抗癌剤曝露対策のための排泄物取り扱いに関する指導は、拒否的な反応は少なく、情報提供することは好ましいと考えられることが示された。ただし、初回外来化学療法を受ける患者は多くの説明や指導を受けることから、曝露対策に関する情報提供の方法やタイミングはさらに検討が必要であることが考えられた。2月8日から9日まで新潟市で開催された第28回日本がん看護学会学術集会で、国立がん研究センター東病院看護部の高橋真由美氏が発表した。

ログインして全文を読む