転移性骨腫瘍の患者にラジオ波焼灼療法(RFA)を行ったところ、疼痛を緩和する効果が一部で認められたことを大阪市立総合医療センター整形外科医長の青野勝成氏らが、10月24〜26日に京都市で開催された第45回日本癌治療学会総会で発表した。

骨腫瘍の疼痛緩和にラジオ波焼灼療法を応用の画像

ログインして全文を読む