免疫チェックポイント阻害薬の先駆けであるオプジーボ(一般名:ニボルマブ)の薬価が2017年2月に50%引き下げられることが決まった。予想外に市場が拡大したことを受けての緊急避難的な措置とされている。背景には現行薬価制度とその運営の課題も指摘されている。

オプジーボ薬価50%切り下げの波紋の画像

ログインして全文を読む