予後の悪いがんの筆頭である膵臓がん対策に光明が見えてきた。広島県尾道市のJA広島厚生連尾道総合病院と尾道医師会が連携して2007年から進めてきた早期膵がんスクリーニング事業の結果、地域の膵臓がんの5年生存率が20%に達したことが明らかになった。全国平均の7.5%を大きく上回る成果だ。この成果を新規診断技術に繋げる研究も始まっている。

膵がんの地域5年生存率20%を達成の画像

ログインして全文を読む