がんの基礎研究の世界最大の学会といえば米国がん学会(American Associationfor Cancer Research ; AACR)ということができる。4月16日から20日までの5日間にわたり、ルイジアナ州ニューオリンズで開催された今年の年次総会(AACR2016)を取材した結果を報告する。

免疫療法が米国がん学会を占拠の画像

ログインして全文を読む