2017年に予定されている「胃癌治療ガイドライン」(GL)の改訂作業を日本胃癌学会GL作成委員会が進めている。GL作成委員である愛知県がんセンター中央病院薬物療法部部長の室圭氏(外来化学療法センター長を併任)に、次期改訂ガイドラインにおける薬物療法のあり方を展望してもらった。

胃がんガイドラインを根本的に見直したいの画像

ログインして全文を読む