副反応の原因究明をめぐり、専門家の見解が分かれる中、1年2カ月ぶりにHPVワクチン接種に関する審議が行われたが、従来の方針を変えるだけの新たな医学的知見はなく、今回も勧奨再開は見送られた。これまでの経緯と医学界の対応を振り返るとともに、打開に向けて患者家族への救済支援策を拡大した厚生労働省の動きを合わせて紹介する。

HPVワクチンの勧奨再開ならずの画像

ログインして全文を読む