第53回日本癌治療学会学術集会(10月29日〜31日、会長:小西郁生氏)のシンポジウム「がん診療ガイドラインのアウトカムの検証」では、がん診療ガイドラインの普及や有効性などをめぐって、ガイドラインの代表者8名を含む12名の専門家による発表と討論が行われた。

ログインして全文を読む