ニボルマブ(製品名は「オプジーボ点滴静注20mg」、小野薬品工業/米Bristol-Myers Squibb(BMS)社)は、PD-1を標的とする初の抗体医薬品。2014年9月に世界に先駆けて日本で発売となった。適応症は「根治切除不能な悪性黒色腫」であるが、肺がんを始め多くのがん腫への応用や作用機序の異なる抗がん剤との併用も多く試みられている。

ニボルマブ――日本の基礎研究から創製された抗体医薬の画像

ログインして全文を読む