従来のがんの臨床試験は合併症がなく全身状態(PS)の良好なエリート患者を対象に行われてきた。しかし実際のがん患者は臓器機能や認知機能が低下した高齢者が多く、臨床試験をもとに設計されたレジメンを適応することが困難であるケースも多い。高齢者比率が高いがん診療の実態に合わせた新たな医療の模索が始まっている。

高齢者のがん医療は別メニューでの画像

ログインして全文を読む