早期乳がんの治療の最新コンセンサスを世界のエキスパートが討議するInternational Breast Cancer Congress(St. Gallen Conferences)が、3月18日から4日間にわたってオーストリアのウィーンで開催された。2007年からパネリストとして参加している渡辺亨氏に今大会を総括してもらった(本稿は第16回浜松オンコロジーフォーラムにおける渡辺氏の講演を編集部でまとめたものです)。

乳がん治療は革命前夜の画像

ログインして全文を読む