今回の試験はLancet誌に掲載され、その長期成績の結果がLancet Oncology誌に掲載されたJGOG3016試験。上皮性卵巣がんの初回治療として、標準治療であるパクリタキセル+カルボプラチンの併用療法(c-TC療法)とパクリタキセルの投与間隔を縮めたDose-Dense TC療法(dd-TC療法)とを比較している。特定非営利活動法人 婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)が初めて行った本格的な第3相試験であり、欧米に後れを取っていた日本の婦人科腫瘍グループが世界に放った珠玉の臨床試験の結果である。

卵巣がんに対するDose-Dense TC療法の画像

ログインして全文を読む