子宮頸がんの予防を目的に導入されたヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの“一時的推奨の中止”という状態が続いている。膠着状態の打開のためには、予防を推進したい婦人科医と接種中止を求める一部の小児科・神経内科との合意形成に向けた議論と研究が必要だ。

HPVワクチンがもたらした医学界の亀裂の画像

ログインして全文を読む