慶應義塾大学医学部のチームが、難治がんである悪性黒色腫に対する腫瘍浸潤リンパ球(TIL)の輸注療法を計画している。世界でも限られた施設でしか実施されていないTIL療法を日本で実施する狙いを実務責任医師である舩越氏に聴いた。(聞き手:小崎丈太郎=本誌編集長)

TIL療法で悪性黒色腫の治癒を目指しますの画像

ログインして全文を読む