腫瘍組織の遺伝子変異を早く、低コストで探索し、その遺伝子の過剰な働きを抑える分子標的治療薬を処方する。遺伝子の塩基配列解読技術の進展によって、がん診療の情報武装が飛躍的に進んでいる。2014年は、全国的な遺伝子変異収集ネットワークのひな型が完成した年となった。

トピックスでたどる2014年のがん医療の画像

ログインして全文を読む