埼玉医科大学呼吸器内科教授の荻原弘一氏らのグループが、薬剤性肺障害の原因遺伝子候補として、気道上皮に存在するMUC4たんぱく質の遺伝子を特定し、第55回日本肺癌学会学術集会で報告した。

薬剤性肺障害は日本人の病気か?埼玉医大グループが原因遺伝子を追跡 ほかの画像

ログインして全文を読む