膵がんは難治がんの筆頭であり、患者数も増えている。こうした状況を打開しようと日本膵臓学会が家族性膵がんの登録事業を開始する。事業の中心となる京都大学病院がんセンター膵臓がんユニット教授で外科医の高折恭一氏は、「手術しても8割に遠隔転移が起こる。外科医としての反省がある」と語っている。

家族性膵がんを探せの画像

ログインして全文を読む