今回取り上げる臨床試験は、Lancet Oncologyに掲載された非小細胞肺がんに対する分子標的治療薬の有効性を検証した2本の論文。いずれもfirst author(筆頭著者)は、九州がんセンターの瀬戸貴司氏。

非小細胞肺がんのドライバー変異:EGFR変異とALK融合の画像

ログインして全文を読む