2011年3月11日の震災から3年余。懸念されたように福島県で甲状腺がんは増加しているのか。福島県立医科大学器官制御学外科講座主任教授の竹之下誠一氏が会長を務めた第52回日本癌治療学会学術集会では、原発事故と健康被害に関する調査結果が報告された。

小児甲状腺がんの増加は見られずの画像

ログインして全文を読む