多施設共同無作為化比較試験の積み重ねが標準治療を構築してきた。ところが肝細胞がんの診療では、世界標準を引き離した成績を上げているゆえに世界から孤立するジレンマに直面している。

独自の診療体系と緻密な治療戦略で 日本の肝がん治療は世界一ですの画像

ログインして全文を読む