患者数、治療薬の種類がともに増え、より精緻な副作用マネジメントも求められるのに、がん薬物療法の専門医、看護師、薬剤師が足りない。しかも今年の外来化学療法加算の削減が追い打ちをかけて―。本誌ががん診療連携拠点病院を対象に実施した調査では、繁忙にあえぐ外来化学療法の実態が浮かび上がった。

増える患者、追いつかない人員配置の画像

ログインして全文を読む