分子標的治療薬の処方には正しい患者選択が前提になる。そのためには、標的分子の有無を正しく評価できなければならない。検査の精度管理というと、今までは検査薬メーカーや病理医に丸投げの感があったが、実は患者から試料を取り出す臨床医にも責任の半分がありそうだ

分子標的検査の精度管理このままではいけないの画像

ログインして全文を読む