公職選挙法違反でグループ幹部に逮捕者を出した医療法人グループの徳洲会。がん診療のグループ責任者である湘南厚木病院院長の篠崎伸明氏は、「グループ内の不協和音も一段落し、銀行団も融資の継続を了解している。グループで登録するがん患者の数も順調に増えており、将来は離島・へき地医療に続く、医療の柱に育てたい」と語る。

がんを離島・へき地医療に続く柱にの画像

ログインして全文を読む