米国臨床腫瘍学会(ASCO)の消化器病会議(ASCO-GI;2014 Gastrointestinal CancersSymposium)が1月16〜18日にカリフォルニア州San Franciscoで開催された。本大会のトピックスについて杏林大学教授の古瀬純司氏に解説いただいた。

胃がん2次治療にラムシルマブが有効の画像

ログインして全文を読む