日本の乳がんの年間罹患数は約60,000名。そのうちの4,000〜8,000名は遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)と推定されている。乳がんや卵巣がんの中では少数派だが、潜在リスクをくみ取って、適正な医療を提供することは、少数派ゆえに難題だ。

どうする日本の遺伝性乳がん・卵巣がん症候群の画像

ログインして全文を読む