治療薬の処方に際して、治療標的の有無の評価などを行うコンパニオン診断薬の重要性が増している。しかし、日本ではコンパニオン診断薬に必須なLDT(Laboratory Developed Test)の方法、性能、精度、品質に関する基準がないという、制度の致命的な欠陥があるとコンパニオン診断薬のメーカーの立場から田澤義明氏は言う。

コンパニオン診断薬の課題を産官学で話し合う場をの画像

ログインして全文を読む