がんが進行して脊椎に転移、寝たきりを余儀なくされる患者は少なくない。患者のQOLを握るのが車椅子に移動するためのリハビリテーション。治療成績が向上して生存期間が改善した今こそ、進行がん患者の移動の自由を重視してほしいとがん医療に携わってきた作業療法の専門家が訴えている。

末期患者も自由に“移動”したいの画像

ログインして全文を読む